空腹の赤ちゃんと脳育

赤ちゃんも成長してくると

もう、おっぱいだけや野菜とごはんだけでは

栄養が足りなくなるのでしょうか。

 

新生児のときより、しだいに減ってきていた

おっぱいの回数がまた増えてくることがあります。

 

空腹だと、寝てもすぐ目が覚めてしまいます。

 

そんなお腹が空いた赤ちゃんはいつも不安なんでしょう。

落ち着きがなく、すこしのことで泣いていることも多く、

ずっと抱っこばかり。

 

親子ともによゆうがなくなってしまうんですね。

 

栄養やその他の要求が満たされている

赤ちゃんなら、いつもゴキゲン。

 

必要なときだけ泣いて後はニコニコ。

いつも抱っこしなくてもたのしく遊んでいられます。

 

たのしく遊んで、よく食べて、満足して、しっかり眠る。

 

泣いてばかりの赤ちゃんと満たされている赤ちゃんとでは

脳の発達にも大きな差があることでしょう。

 

赤ちゃんの要求を満たして脳への不安ストレスがないように

こころをくばりましょう。

 

すこやかな時間を親子でたのしめるようにすることが

脳の発育のためにもいちばん大切になるのではないでしょうか?